桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。
[1] [2]
今回は東北色のキハ40系列の写真をば。


▲検査標記がそのまま残るRBE25116(元キハ40-562)
久々の更新になってしまい、「一体いつまで続けるのか」気味になってきたミャンマー遠征記事ですが、まだまだ載せてない写真がありますので、続けます。

▲ToeGyaungKalay駅に入線するバゴー行き
さて、運転会記事を挟みましたがミャンマー特別編の続きです。
前回までにキハ11をアップしたので今回から各種キハ40系列をアップしようと思います。

▲ヤンゴン中央駅でキハ11と並ぶRBE3044(元・キハ40-6309)
ミャンマー特別編での更新、今回もキハ11編(2/2)です。


▲コンピューター大学駅に並ぶキハ11
さて、今回はミャンマーのキハ11編(1)です。


▲駅構内中央のシーサスを使って停車中のキハ11を追い越す @ヤンゴン中央駅
さて、しばらく更新が開いてしまいましたが…
このお盆休みを利用して3年ぶりにミャンマーへ行って来ました。

足元では運転会に向けた極秘工作が続くため、暫くはミャンマー遠征報告の記事が続く予定です。


▲JR東海から譲渡されたキハ11形4連 @MaHlwaGone駅へ入線
今月のピクトリアル誌とRM誌のミャンマー国鉄の記事が何やらスゴイ!との噂を耳にして、早速読んでみました。

さすがと言うべき記事の濃さで、その面白さはぜひ実誌を読んでいただくとして…

せっかくなので2年前(2013年5月)訪問時に見かけた、ミャンマー国鉄の一般旅客車以外の車両をアップしてみましょう。

※全ての写真は鉄道省許可取得のもと、関係各位の御厚意により撮影しております。


▲記事にもなっていたLRBE @マラゴン機関区の扇形庫にて

レールバスのようなサイズで、非常に好ましいスタイルです。中には子供たちが沢山居たため、撮影はこれだけにしました。

LRBEについて検索していたら、2014年8月にLRBE65の営業列車の写真撮られていた方がいらっしゃいました。
機関庫の隅に追われ、風貌からも引退した車両のように思えたのですが、稼働車へと復活を遂げているようです。


IMG_0238.JPG

























▲様々な出身国の機関車が集うマラゴン機関区

さて、すでに3ヶ月以上前ですが2013年GWのミャンマー訪問ネタです。

前回は元・北斗星釜を紹介しましたが、ミャンマーにはその前からDD51が譲渡されています。
今回は機関区で出会ったJR貨物からのDD51のお話。


※うるさいようですが、これらの写真は全て鉄道省へ許可を申請し、許可証の発給を受けた上で撮影しています。
現地ガイドさんの御尽力とご理解、ミャンマー国鉄職員の方々の御好意の元撮影できたものばかりです。
政情によっては撮影禁止の「準軍事施設」ですので、ご留意のほどお願い致します。


プロフィール
HN:
なべTEA
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「たまでんクラブ」中京支部会員。

鉄道メインながら模型全般を趣味に。
Nゲージは北海道型車両全般、長野車両全般、東急電鉄、北関東の車両を収集・製作。ディーゼル車が大好物。
そのほか:隧道、橋梁、ミリタリー系(航空機・艦船・車両問わず)...etc.
Google Ad
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オススメ
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ