桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。
さてさて、最近外部からの刺激を受け本家HPの方の更新もチマチマやっております。
架鉄で相互直通をしている舞沢電鉄の経営者の方に様々なデータを用意してもらっているため、相互直通運転についてはかなりのことが決まってきています。

最大の問題は桜咲電鉄の各停用車種が決まっていない事orz
準急は当社最新型の元・京急新1000形の1000系電車、急行は超旧型の元・南海21001系なのですが、各停に割り当てるべき車両が決まらないんですよね…
桜咲電鉄の旧型車(昭和中ごろに活躍していたという設定)を再現するための種車すら揃っているのに…というわけのわからん状態です。
今ある候補は直通先でも使用される東急1000系or7200系、もしくは余剰在庫がある東急7000系か…普通車ということで18m3ドアの車が欲しいんですよねぇ。

↑以上は桜咲電鉄(架空鉄道)の話ですからね。念のため。



そして意味のある?ない?写真を試験的に貼ってみるテスト。
kiha40-1799.jpg








今年の8/26に長万部で撮影したキハ40-1799(函館車)のトイレがある方の半分です。
なんで半分なのかというと…写ってはいませんがこの左脇にキハ150が停車していたからですorz

水タンク形状がうまく写っているので何かしらの資料の足しになればーと思いアップしました。
やはり函館所属のキハ40系を再現する上では前面のステップにかけられたゼブラのステッカーをどう再現するかにかかっていそうですね。逆に釧路車とかなら前面に愛称サボ入れがついたりするわけですし。
単行運転する気動車なんぞ個体差がたくさん。JRになってからの水タンク撤去やらエンジンの直噴化改造など内外に多くの改造箇所があるため、それを再現するのがキモになってきます。
それを再現しきった時に最高に愛着の湧く車両となるのがまた楽しいのです。
本日、桜咲車両工場に車両の搬入が行われました。
搬入されたのは、JR工場長の友人から改造依頼を受けたキハ110系気動車です。
内訳は、キハ110×2、キハ111×2、キハ112×2です。

DC110.jpg






3月半ばには友人の会社より当社への回送が行われていましたが、工場長が多忙のため本日まで桜咲電鉄線内で留置されていました。ですが、この度、工場内留置線に空きができたため、工場搬入となりました。
試運転及び出場はまだ決定していませんが、可能な限り早急な出場を目指したいとの考えです。


てなけで、先月半ばに友人から預かったキハ110系の改造工事をやっと開始しました。
といってもまだばらしただけ。IPA買ってきたり、マスキングの順番を考えたりとまだまだ課題は山積みです。
きっと授業が始まったらさらに放置プレイが続くんだろうなぁ…とorz
Sさん、ごめんなさい!!


今日は久々の休日でした。
なので、たまってる車両をちょっといじりました。
先日買い求めてきたチチブセメント系の貨車のTN化及び、DD51-800に関する作業を。
ナンバープレートは結局数字を切りつないでごまかす形に。
上手くつながる部分もあればつぎはぎな部分も。厳しいですね。
あとはタブレット防護柵なんかも取り付け。
なかなかごつくなっていい感じに。
しかし、DD51-813(T車、旧ロットを改造)にはスノープラウを取り付けられなかったので、「タイプ」になってしまったのが悔やまれるところ。まぁT車だし、重連専用車だし、貨車と本務機の間に挟みこむし別にいっか、って感じで無理やり納得してます。ライトも殺したしね。
とりあえずは完成、ってことで。
DD51重連がセメント貨車9両を引く形になっています。八高線の有効長からしたら大体順当な長さではないかと。試運転もしなくっちゃ。

明日は渋谷に出陣。友達にドタキャン(死語?)されたのですが、新しいバックだけは買ってこようかと。
ハンズの模型店でWinのウレタンが買えれば文句はないんですけどね…
大学にも行くかもしれんです。

キャンパスで見かけたらよろしく。

それじゃ。|彡サッ


プロフィール
HN:
なべTEA
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「たまでんクラブ」中京支部会員。

鉄道メインながら模型全般を趣味に。
Nゲージは北海道型車両全般、長野車両全般、東急電鉄、北関東の車両を収集・製作。ディーゼル車が大好物。
そのほか:隧道、橋梁、ミリタリー系(航空機・艦船・車両問わず)...etc.
Google Ad
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
オススメ
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ