桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

キハ66系、増殖
2月中旬に発売されたTOMIX<98271>「キハ66・67形ディーゼルカー(九州色)セット」。
発売直後には買わず暫く悩んでいたのですが、近くの量販店に残っていたこともあり、購入してしまいました。

▲毎度ながら、HGシリーズのパッケージイラストがいいんですよねぇ。

前回の国鉄仕様2両セットとは異なり、4両セットでの発売のためブックケースでの発売。
ブックケース入りで出たのも購入動機の一部だったり(笑


キハ66・67と言ったら、やはりこの屋根上のラジエーター回りのゴチャゴチャ!
ただでさえ複雑な配管に、追加改造となった冷却水循環電動ポンプが加わった仕様のこの製品は見てるだけで堪りません。



先に発売されていた<98027>の国鉄仕様(写真左)でも充分にラジエーター周りは素敵な事になっていたのですが、今回製品で余計に素敵な事になりました。

これまで九州型にはほとんど手を出していなかったが故、まだ勝手が分かっていません。
恐らくポンプ増設後の九州色と、増設前の国鉄色がすれ違う事はなかったでしょう。

なんとなく筑豊に居た頃の姿で遊びたいと思っていますが、どうしましょうか。
普段やってる事と真逆ですが、あまり細かい事を気にせず遊ぶのもひとつなのかもしれません。



4月には増結セットが予定されていますので、それを見越して12両ウレタンに入れ替えてから収納。
箱と中身が一致している事の気持ちよさと楽しさといったらありません(笑

今日の所はとりあえず仕舞って、おしまいです。

12両ウレタンにとりあえず8両が入る事が確定した訳ですが、まだ4両分も詰められるので、どうしましょうかねぇ。




コメント

コメントを書く