桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。
[670] [669] [668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660]
前回簡単なレビューをしたマイクロエース製「伊豆急100系・復活クモハ103」。
せっかくなので入線前に簡単なディテールアップをしてみました。

▲弄ってる箇所の方が少ないので、パッと見は製品のまま…?笑


①ジャンパー線の追加


まずはパンタ側先頭車で物足りなくなるジャンパー線を追加してみました。
製品に取り付けられたジャンパ栓にピンバイスで凹みを作り、φ0.3mmの真鍮線を曲げたものを差し込み、接着剤で固定。

接着剤が硬化してからフラットブラックを筆塗りして完了です。

凹みはもの凄く浅いため取れる可能性も大きく、最良の方法ではない気がします。
最も良いのはサードパーティーメーカーさんが出している「ホース付きジャンパー線」パーツ等を買って来るのが良さそうです。
手持ちにもいまいち「そのものズバリ」なものが無く、悩んだ挙句に真鍮線での再現になってしまったわけですが。。

②ヒューズボックスに配線。

ヒューズボックスにφ0.3mmのピンバイスで穴を両側から開け、φ0.2mmの真鍮線で配線を追加してみました。

屋根に固定された側もφ0.3mmの穴を開けて真鍮線を差し込み、「線が繋がってる」ようにしてあげています。線が繋がっているように見えいれば大成功ですね。

これも接着剤硬化後にフラットブラックを筆塗りしています。

また、屋上機器類は一回撤去の上で自家製明灰色で再塗装しています。
接着剤で溶着されているため、取り外しにはたいぶ気を使いました。

塗料は東急系の屋上機器塗装で活躍するGM14番を明るめに調色しているため、パット見は「無塗装」と変わらないかもしれません。
ただ、写真写り以上に網目の陰影が目立つようなるため、再塗装はしてあげた方がカッコよくなりますね。

③TN化




「復活クモハ103」の場合そもそも連結相手はいないのですが、装着性を試してみたかったのでダミーカプラーを撤去しTNカプラー付けてみました。

TOMIX品番0336を使用しましたが、全く無加工でポン付け出来ました。
スカートも別パーツで外れるようになっており、TNカプラー装着後も全く干渉なく取り付けることが出来ています。

とはいえ、パンタ側先頭はジャンパー線を付けてしまったので首振りに制限ができ、連結出来ないんですけれど(笑

これでも充分なのですが、後は製品で省略されている「渡り板」を再現してあげたいところ。
手持ちのパーツ(気動車用)では巾が足りず、一致するパーツを探して来なければならなさそうです。

~おしまい~


プロフィール
HN:
なべTEA
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「たまでんクラブ」中京支部会員。

鉄道メインながら模型全般を趣味に。
Nゲージは北海道型車両全般、長野車両全般、東急電鉄、北関東の車両を収集・製作。ディーゼル車が大好物。
そのほか:隧道、橋梁、ミリタリー系(航空機・艦船・車両問わず)...etc.
Google Ad
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オススメ
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ