桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

第14回鉄道模型市へ
ついこの間桜が咲いたと思ったら、気付けば4月も終わり世の中はGW真っ只中。
毎日ちょっとの時間でも工作をするようにしていますが、なかなか完成形が見えてきませんね。

さて、そんな中ですが先週末に浅草で開催された鉄道模型市に出かけてきました。

狙いはもちろん…



「模型工房パーミル」さんから発売された名古屋市営地下鉄N3000形2・3次車のペーパーキット。

▲第2編成

20m級4扉車が少ない東海エリアにおいて、見慣れた4扉が走る鶴舞線(及び乗り入れの名鉄線)。
丘陵地帯を突きぬけて地下鉄線へ入っていく、という点にどこぞの田園都市な風味を感じ気に入っている路線なのですが、如何せん製品化にはあまり恵まれず。

特に同線の最新型であるN3000形はデビューから6年経った今も、ガレージメーカーからも発売されることが無く「さてどう作ろうか…」と悩ましい車種の1つでした。

第1編成が日立製のAL車、第2編成以降が日車製のSUS車というのも製品化に悩まされる一因なのかもしれませんね。

そんな中、パーミルさんから発売されるとあっては居ても立ってもいられず、浅草まで足を伸ばしたということでした。



そしてもうひとつの目的がYMProjectさんの「湖西の500形」キット。
鉄コレ600形を種車にするという事で屋根と前面が2両分入っています。

3Dプリンタ出力品でベンチレータや床下機器まで入ってこのお値段なら、個人的には安いくらいの製品です。
なんて言ってもラインナップが充実しつつある鉄コレサイズで500形が揃えられる、というのが大きいですね。

こうして組むのが楽しみなキットを2つも入手してホクホクな訳ですが、「いつ作るのか」という質問には一切答えられないあたりが何とも言えません(苦笑

しかし、同行して同じくN3000形を購入した知人から、翌日には1両完成に近づきつつある写真が送られてきたのを見ていると、負けてはいられませんね(笑

今後の運転会のテーマネタも遅れないよう製作しつつ、彼らも作り上げていきたいところです。

コメント