桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

KATO 313系1300番台のウェザリング
年度末の忙しさから尾を引いて忙しい日が続いており、重工作はちょっと厳しい日が続いています。
ただ、今の世の中忙しいことはありがたいことなのかもしれません。腹の内には色々抱えて…るどころか、最近ダダ漏れ気味ですが(苦笑

さて。
3月末にJR東海のプレスリリースで313系28両の増備が発表されたところで、うちの313系も運転会へ出せるようにウェザリングしていきましょう。



▲量販店で買えば2両で6000円台。手頃感がイイですね。


名古屋周辺が好きな人にはもちろん、長野圏が好きな者にとっても欠かせない存在。
行先は「快速|名古屋」がセット・印刷され、付属品の行先は「ワンマン|亀山」。松本周辺区間をやりたい人にとってはちょっと残念。

…ですがジオマトリックスさんが素敵すぎるインレタを出してくれていますので、これを活用して行先を変更していきます。



写真は既に色々やっちゃった後ですが(笑

ジオマトリックス社「No.24927 313系LED表示-中央線・関西線・愛知環状鉄道(普通)-」を使用して行先を変更、車番は「No.J2914 313系-1300,1600,1700番台-」を使用してB501編成へと変更しています。

運転台助士側ガラスと乗務員扉に印刷された編成番号はジオマト社のインレタには収録されていませんので、トレジャータウン社「TTL006-02 編成番号標記(東海)」を使用しています。
「乗務員室」表示もオマケで入っていて、お得感満載です。個人的には使わない編成の方が多いのが難点ですが(笑



側面も色々。
客用扉ガラスの注意喚起標記と優先席標記はジオマト社「No.J0003 ドアステッカー/優先席(東海)」から。
ラインナップに東海車が増えることを見越し、以前買っておいて正解でした。

そして実はガラスへのインレタ転写は初めてで、優先席がちょっとズレてしまったのが残念です。
機会を見つけてやりなおしてあげることにしましょう。



屋根上はお馴染みかるーくウェザリング。
屋根は一度分解して艶消しを吹き、パンタ配管を黒く塗った上でウェザリングをしています。
2011年の落成直後をイメージして軽いウェザリングを目指しました。

こうして色々いじってみると、今度は車内の色が気になってきてしまいますね。
もう少し落ち着いた水色の座席、色再現は難しそうですがやってみる価値ありかもしれません。

そんなわけで2両の短編成ということもあり、夜の短い時間で少しずつ進めるという状況でも飽きることなく作業が続き、無事竣工となりました。
最近は買ってばかりで山が高くなるばかりでしたから、久々に完成する喜びを感じた気がします。

山にするばかりでなく、ここらで少しずつ収集の方針転換も必要なのかもしれませんね。

コメント

コメントを書く