桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

京阪10000系を作る~その3(終)
ちまちま作り進めていた京阪10000系10005F、やっと完成写真を何枚か撮りました。





ウェザリングはいつも通りですが、Mr.COLORのダークアースにブラックグレーを重ねています。
床下機器と台車はダークアースのみで軽くウェザリング。

京阪電車を屋根上から見下ろす写真はあまり撮っていないため、イメージ重視でサクッと塗ってしまったのでちょっと違うかもしれませんね。



本来ならば「宇治⇔中書島」となっているべき行先表示ですが、ステッカーには収録されていませんでしたので、「普通 宇治」にて代用。

交野線の「枚方市⇔私市」は収録されているのに、不思議なものです。



優先席表示はGMステッカーのものですが、さすがにベビーカーマークまでは未収録。
トレジャータウンのインレタを使いまして、現行仕様となりました。
あとはドアステッカーぐらいは貼りたいところですが、何を貼るか検討が必要ですしとりあえずはこれで完成としましょう。

加工らしい加工はほとんどせず、トータルキット相当のパーツをかき集めて組み上げるという事でプレーンな仕上がりを目指してみました。

手スリ別体化などコテコテに仕上げた車両も勿論好みで自分でもやりますが、たまにはこうしたスッキリとした仕上がりもいいもんです。

色々寄り道をしつつ製作したため思いのほか時間が掛かっての完成でした。
この調子で行くと残る20両近い車体パーツを使い切るのにどれだけ掛かるか分かりません(苦笑

次の運転会に向けたテーマネタの工作もあるため、京阪電車の工作は暫く後になりそうですが、残る車体を溜めておくだけも勿体無いですし、また別の形式か編成を作ってみたいと思います。

~おしまい~

コメント

コメントを書く