桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

TOMYTEC 103系八高線の小加工
P1040411.JPG


























北海道旅行と前後しますが、TOMYTECの103系3000番台を購入していました。
これをN化するにあたっていつもとは趣向を変えて小加工(重加工?)をしてみることにしました。

 
P1040417.JPG


























まずは屋根の加工から。
パンタグラフの取り付け穴を必要なもの以外埋めてしまいます。

P1040424.JPG


























埋めないと気になりますが、パンタで見えなくなる部分でもあるので多少ラフに埋めています(笑
塗装は依然KATO115系用に調色したダークグレー(ガイア:ニュートラルグレーがベース)を使用しています。

またランボードがすべて取り外せるのでこれはすべて外してから塗装しています。
ランボード・ベンチレーターの色が明るいので屋根上が引き締まりますね。

P1040428.JPG


























さらにクーラー・避雷器などすべてのパーツを取り付けた後でウェザリング作業に入ります。

まずはブラウン系で飛び散った錆汚れを再現。

隣り合う車の屋根も一緒に汚して流れを意識。

P1040433.JPG


























錆の上からダークグレーを吹いてカーボン汚れを再現。
2色重ねるとだいぶ汚らしくなります(笑


P1040439.JPG


























乾燥後、車体に載せてみました。
写真だとちょっとダークグレーと屋根色が同化して見えてしまいますね。

ブラウンを広めに吹いてから、中心線沿いにダークグレーを吹いていますので、実際はもうちょっと浮いて見えるので十分に満足する出来にはなっています。

また運転会の時にでも明るい場所で撮ったらご紹介いたしましょう。

次回は室内にも手を入れます。
 

コメント

コメントを書く