桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

キロハ182引退
2018年6月30日をもって特急オホーツク/大雪でのキロハ182形運用が終了しました。
最終列車となった74D(オホーツク4号)にはキロハ182-10が充当されたようですね。

スラントを含む0番台車が全て運用落ちした後もオホーツク/大雪に連結されて頑張っていましたが、ついにその時が来た、というような感じですね。

キロハの引退をもってキハ183系の基本番台は全て引退となった訳ですが、N183・NN183はまだまだ活躍中。これからも会いに渡道する所存です(笑

既に運用変更から1週間経ってしまっている訳ですが、これまで撮りためた中からチョロッと写真をサルベージしてみました。


▲ここ数年は「スラ貫」編成で落ち着いてました  2014.1.11

▲同編成の後追い 2014.1.11


▲網走での滞泊 2017.6.10


▲駅撮りですが、坊主込み編成にも出会っていました 2016.1.15


▲旭川駅にて 2012.7.29


▲ポリカ取り付け前 @札幌駅 2009.2.19

こうして写真をサルベージしてて思うのは「過去の自分、なぜもっと撮っておかなかった!」という事に尽きますね。

特に最後の2009年頃の写真だと、ポリカ取付車と未取付車が混じった編成だったりするのですが、そりゃもう見るに堪えない写真ばかり。
もっと撮っておけば良かったなぁ、という思う時には本当に後の祭りと実感します。

渡道できる機会はそう多くないですから、今後はしっかりと記録していきたいものです。

そして買い集めに集めた我が家のTOMIXキロハ182もしっかり遊べるように整備しなくてはなりません。
そうこうしているうちに「オホーツク(大雪)Cセット」とかいってキロ182-7550が入った編成が製品化されかねませんからね(笑

実車が引退すればこれ以上バリエーションが増える事はない、と油断していると今回の運用変更しかり編成パターンが増えていくキハ183。
まだまだ暫くは楽しませてもらえそうです(笑



コメント

コメントを書く