桜咲車両工場ブログ支区

桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

フラノラベンダーエクスプレス2018

▲フラノラベンダーエクスプレス1号 @札幌駅

7月末の話ではありますが、もはやほぼほぼ恒例になりつつある北海道旅行に行ってきました。
今回は別に理由があっての渡道だったのですが、そんな中でも時間を見ては撮影を敢行。

昨年の梅雨時期には「フラノラベンダーエクスプレス3号」に乗車しましたので、今回はクリスタルエクスプレスが充当される1号がメインです。

2017年6月乗車の3号の記事はこちら...
北海道旅行~2017梅雨~その2
北海道旅行~2017梅雨~その3

▲フラノラベンダーエクスプレス1号送り込み回送 @札幌駅


▲キハ183シリーズでも貴重な2階建車

今回たまたま巡り合わせが良く、クリスタルエクスプレス充当の1号が発着する時間に撮影タイムを設けることができました。

これまで明るい中で撮った事が無かったため、貴重な機会です。
逆に「ノースレインボー」充当の3号/4号は一切出会うことが出来ず。極端ですね(笑

1989年登場の同車ですが、ここ最近の目立った活躍はこのフラノラベンダーエクスプレスばかりで、冬場に走っているのをほとんど見聞きしない気がします。
※確か2018年1月に釧網線のモニターツアーに抜擢されていた気がしますが、継続性はどうなんでしょう。

ニセコエクスプレスの引退以降、クリスタルのノースレインボーの2本のみを残すだけとなった北海道のジョイフルトレインの活躍を願うばかりですが、厳しい現状を見るに甘い展望は許されないのかもしれません。

とはいえ富良野・美瑛の観光需要が旺盛なのか、「快速ふらの・びえい」号が設定されるくらいですので、明るい兆しが無いわけではないのかもしれません。
インバウンド需要をどう取り込むのかがやはり鍵なんでしょうか。


▲フラノラベンダーエクスプレス2号 @白石~苗穂

今回、用事を済ませて苗穂駅に戻って来たタイミングで、本当にたまたま富良野から戻って来た2号に出会うことが出来ました。

編成で見ると4両が4両個性的な車種構成で、見てて惚れ惚れします。
見れば見るほど模型が作りたくなる…ということで資料写真は多数撮ってきましたが、果たしてその資料が活躍する時はくるのか…いつもの事ですね(苦笑

~おまけ~



渡道していた期間の前後通算1~2週間くらい、735系が久々の6連で走っていたようなのですが、私が遭遇できたのはこの1回だけ。

乗車する快速エアポートの時間が迫る中、記録的に撮るだけ撮って撤収したのでした。
これはこれで、札沼線単線区間などでリベンジしたい案件で、宿題が残された気がします。





コメント

コメントを書く