桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。
一気に作り上げたため写真が飛び飛びですが、完成まで一気に進みます。




さて、前回から引き続きキハ33形の製作です。
側面の加工内容をご紹介しましたので、今回は全面の加工について。

種車のオハ50の妻面形状そのままに新潟鐵工標準のNDC顔が嵌ったようなイメージのキハ33。

オハ50の妻面に顔を再現するのも大変ですから、ここはちょっとお手軽(?)に。
ジャンクで車体・前面ガラスのみを入手したGM製キハ54の顔を剥いできて、使用することとします。


運転会も無事に終わりましたので、やっと記事に出来るようになりました。
※運転会の様子はこちら⇒http://tamaden-club.sakura.ne.jp/index.php?itemid=2187

今回の運転会にあたってのお題は「先頭車化改造車」。
私の守備範囲から行けばキハ53-500やキハ183-100、キハ141系列といった北海道ネタが王道なのですが、そういった分かりやすいネタはお題決めの時点で却下されるという非道さ(笑

といっても私の好物「気動車」までカテゴリーを拡げればそりゃもうネタは転がりまくっているようなもの。
色々気になっている車種はありましたが、せっかくなので普段手を出さない西日本の車種に手を出すことに。

取り出だしたるはTOMIXのオハ50…



西日本の50系客車改造気動車、キハ33形を実写通りオハ50から作っていきます。
金属キットがあるのは承知の上で、あえてのプラ製の道を突き進みます(笑




プロフィール
HN:
なべTEA
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「たまでんクラブ」中京支部会員。

鉄道メインながら模型全般を趣味に。
Nゲージは北海道型車両全般、長野車両全般、東急電鉄、北関東の車両を収集・製作。ディーゼル車が大好物。
そのほか:隧道、橋梁、ミリタリー系(航空機・艦船・車両問わず)...etc.
Google Ad
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オススメ
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ