桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。

少し間が開いてしまいましたが、素材をちょっとだけ補給したので作業を行いました。

今回は保線用通路設置に向けた作業に取り掛かります。

20101021163317.jpg今回購入してきたのは百円均一全国チェーンのC.D.店で購入してきた「ガーデニング鉢底ネット長角型(細目)」というものです。

105円で10cm×30cmのものが6枚入っているのでいくらでも失敗できます(笑







網目の幅は約4mmなので、実物であれば600mm…60cmもの間が開いていることになりちょっと怖いですね。
ですので、今回これは説明書で紹介された「手すり」以外に、通路の骨組みとして使用しようかと思います。

付属のパーツを使用して設置した通路の足部分は約3.5cm間隔になっています。これまた実物換算では5m強の間隔があることになり、この間にフェンス状の足場を渡すのもなんか怖いので、骨組みを設置してみることにしました。

20101021164514.jpg左の写真のように半マス+1マス+半マス分だけ切りだして、ぱっと見で線路のようになったものをボンドで取り付け足に固定します。

これに加えて端には手すりを付けることになるのであまりはみ出ず、取り付け足ときっちり同じ幅にしないとちょっと厳しいかと思います。






この上にのせる「フェンス状の何か」を何で再現するかを悩んでいます。説明書では「網目ヤスリ」を使うといい、と紹介されていますね。
ところが地元の百均では網目ヤスリが売っていなかったので作業が進められませんでした。

しかし、それを探しに東急ハンズまで行くなら何か別のものを使いたいな…という考えも出てきていまして←
今のところ、「網戸のアミ」なんかいいんじゃないかなー…とおぼろげに外を見ながら考えています。

手すりができたところでまた記事にしたいと思います。
次回更新はふたたび長野の話…?

CASCOさんから新発売されるペーパーの橋梁キット、今度は曲弦トラス橋の方を組みたいと思います。
曲弦トラスはメーカーからも発売されていないですし、高価な海外輸入品を使うしかなかったので、廉価で手に入るこの製品はかなり人気が出そうな気がします。

20101006230313.jpgパーツの数もA4サイズ2枚分と一気に増えます。
橋梁のサイズが全然違うので当然ではありますが(笑

まずはレールを載せる下側の構造物から製作していきましょう。







20101007002601.jpg左の写真を見るとわかりますが、ガーダー橋のソレと構造自体は全く変わりません。長さが280mmと長くなっていますが構造が一緒=作業も変わらず。
1回やっているのでサクサクと進みます。







20101010165218.jpg下側の構造物が完成したら、乾燥中に反らないように重しをのっけて乾燥させます。重めのマグカップを重りとして載せたのですが、全く潰れる素振りもありませんでした。

厚紙を組み合わせただけなのにこんなにも強度が出るのか、と再びビックリ。

そしてトラスにも支柱を接着し、上下を一体化します。




20101010165921.jpgトラスパーツを下部構造物に固定後、トラスの上側に梁を設けます。この後に付ける天板の支柱にもなるものなのですが、この時点ではまだヘニャヘニャなので曲げないように慎重に付けていきます。

全7本の支柱をつけ終わってもあまり強度は出ず、強く握ればクニャッとなってしまう勢い。
しかし、これに斜め方向の支柱をつけた天板をつけることによって強度が出るのです。



20101010183221.jpgサクサク作業を続けていたら気づいたら完成してしまいました。
これが一番プレーンな状態で、この後、サフ吹き→塗装→歩路取り付けとなります。

実は製品にも歩路はついているのですが、細長いペーパーを貼りつけるだけなので雰囲気は出るのですが渡らせる車両との見栄えのギャップを考えると別の部材を使った方がいいのでは…と思いいくつか思案中です。



歩路取り付けに関しては説明書の裏(復路に入ったままでもパッケージの裏に出る部分なので店頭で確認可能です)に歩路のバージョンアップ方法が紹介されています。その方法を取りかかりにしてちょっと考えてみようかと思います。

これらのペーパー橋梁キットの面白い点は、のりしろが一切ない、というところです。接着に木工用ボンドを使うことで接着面に粘度を持たせ、固定しやすくなります。そしてのりしろがない=完成後の見栄えが良くなる、というのも良い点でしょう。

そして、持ってみると強度がプラ既製品となんら変わりが無いのに比べ、非常に軽い、というのも利点でしょう。
持ち運びのジオラマなどできるところから軽量化したいですし(笑

そして組みあがって思ったこと。
ぜひ複線用がほしい!!(笑
そして道路との併用橋にできれば、今度発売の名鉄1600系やなぜか3編成も所有するBトレ名鉄パノラマカーたちにも陽の目が…(笑


ところで…
今回の組み立てで唯一説明書を無視したのが「パーツを最初に全部切り出してわけておく」という点です。
と、いうのもなかなかまとまった時間がとれない中、1日30分とか1時間ぐらいずつ少しずつ組み上げていくような状況ですと、パーツ紛失の恐れがありました。それゆえに極力ベース紙からは切り離さず、1工程ずつ切っては貼りを繰り返しました。
まぁ半日も時間があれば一気に組みあがってしまうのでいらぬ心配…という感じではありますが、平日にもチョビチョビ組むような方がいらっしゃいましたらぜひやってみてください。安心感があります(笑

先日、こんな荷物が届きました。
20100930224145.jpg今度、CASCOさんから発売されるペーパー製の橋梁キットです。

以前モニター募集に応募したところ当選いたしまして、このブログでもこの製品についてご紹介させていただく運びとなりました。

カテゴリーも新設して何回かに分けてご紹介していきたいと思います。





20100930224338.jpg20100930225312.jpg









厚紙1枚の構成で、ここから部材をそれぞれ切り出していく形になります。
厚紙なのである程度強度があるとはいえ、この段階ではちゃんと列車を支えられるか心配になってしまいますね。

20100930230441.jpg20100930232918.jpg









切り出した部材をボンドで固定していきます。縦の部材を貼り付けていくに従ってだんだん強度が出てきます。
こうして組んで見ると、実際の橋梁がどのようにして強度を出していくのかがなんとなくわかってきますね。
トラスってすごい…(笑

20101001011139.jpg20101001011322.jpg









ペーパーキットは初めてでしたが、ここまで1時間半強でできてしまいました。
元から薄いブルーの色がついているので、これだけでもだいぶらしくなりますが、この後サーフェイサーを吹いて強度をさらに出し、塗装してみたいと思います。
自分で作ったからかもしれませんが、橋梁の構造がよくわかって面白いですね。

レールを敷いてジオラマ等に組み込むのももちろんアリなんですが、これは廃線跡風などに料理したら、橋のトラスの組み合わせなどを強調できるものになりそうです。

この橋梁キット、ちょっとハマりそうです(笑



 



プロフィール
HN:
なべTEA
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「たまでんクラブ」中京支部会員。

鉄道メインながら模型全般を趣味に。
Nゲージは北海道型車両全般、長野車両全般、東急電鉄、北関東の車両を収集・製作。ディーゼル車が大好物。
そのほか:隧道、橋梁、ミリタリー系(航空機・艦船・車両問わず)...etc.
Google Ad
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オススメ
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ