桜咲車両工場の別館。 工作記録を中心に、東三河から鉄道まみれの日々をお送りします。
[1] [2]
ついに鉄コレから長野電鉄10系OSカーが発売されてしまいました。
もちろん購入して来ましたので、今回製作の自作版と並べてみました。


▲(もちろん)左が拙作、右が製品

どことなく「これじゃない感」が漂うモノが出来上がってしまいました(苦笑
製品と並べると何が原因なのか、一目瞭然で分かりますね。
印象把握と表現の難しさと大切さを痛感です。

以下各部紹介
5日間のお休みも今日で最終日となりました。
実家への帰省中はほとんど工作をしていませんので、その前に行っていた長電OSカーの工作の続編です。


▲Tc61の屋根上

塗装前に最後の仕上げです。
クハ61の屋根上にはカバー付きホイッスルとL字アンテナを搭載。
ホイッスルはTOMIXの余りパーツ、L字アンテナは台座にJR向け列車無線アンテナを流用しています。


ご無沙汰しております。
気付けば久々の更新になってしまいました。

書けるネタと書けないネタとある訳ですが…とりあえず書きやすいネタから。

たまでんクラブ「おみまい会」も終わり、またしばらく放置してしまった長野電鉄10系の製作を進めています。



▲須坂駅にて

こんな画像を眺めながら床下機器の並び替え、そして台車の製作です。


北海道の記事が挟まりだいぶご無沙汰になってしまいました。

前面のパーツ類でちょっと悩んでいましたが、いい具合の部品を見つけて1両分試作してみました。



アンチクライマーはトレジャータウンさんの「TTP215-01 165/キハ58/40系手すりセット」から。

165系に使用するので形状が違うのですが、それを約半分の幅に切断、角をヤスリで整えています。
幅がちょっと狭く感じるか、丁度良いと感じるか。微妙なところではありますね。

そして正面下部にあるタイフォンはTOMIXキハ40系の余りパーツから。

後は少量の手すりを植え、表面を整えれば塗装工程に入れそうです。
余りの牛歩戦術に自分自身で諦めそうですが、やっとここまで来ました。

車体完成まで、あと少しです!笑



前回記事で配管が一通り終わった後、適当なパーツをより集めてかぎ外しを自作、さらに手すりの取り付けまで完了しました。

最近記事が書けない理由。

それは…主にこいつが迷走中のため。
どうも発想ばかりが先行していまい、実作業が全然追いついていません。

少ない作業時間で接着と切削を平行するのはだいたい二度手間の原因となるため、ほとんど進んでいないのが実情です。

DSC01101.JPG




























車体の方は目玉となる先頭形状の加工中。
実車は窓回りが一段凹んでいるのですが、これをどう再現するのかが問題です。

悩むといっても窓回りだけきれいに彫り込むのは至難の業ですので、「周りを盛る」ということになります。
そんなわけでt0.3mmのプラ板を貼って様子見をしつつ進めています。

吉と出るか凶と出るか…

DSC01105.JPG




























屋根の方は結局パンタ穴を開け直しています。
前回では「そのまま流用予定」と書いてしまいましたが、実際には位置が異なるため位置を修正する必要があります。

ついでに削り取ったランボードもプラ板で再現。

少しずつ少しずつ、進めています。


 


プロフィール
HN:
なべTEA
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「たまでんクラブ」中京支部会員。

鉄道メインながら模型全般を趣味に。
Nゲージは北海道型車両全般、長野車両全般、東急電鉄、北関東の車両を収集・製作。ディーゼル車が大好物。
そのほか:隧道、橋梁、ミリタリー系(航空機・艦船・車両問わず)...etc.
Google Ad
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オススメ
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ